メニュー

TOUR de TOHOKU 2016

メッセージ

ツール・ド・東北 2016の開催にあたって、大会を支える協賛パートナー各社、オフィシャルメカニックサポート各社からお預かりしたメッセージをご紹介いたします。

協賛パートナー

プラチナパートナー

  • サントリーホールディングス株式会社

    サントリーホールディングス株式会社

    サントリーグループは「漁業」「子ども」「チャレンジド・スポーツ」「文化・スポーツ」の分野を中心に東北各地で総額108億円の規模で復興支援活動に取り組んでいます。
    また、「ツール・ド・東北」においては、このイベントが掲げる復興支援への想いに賛同し、2013年の開催当初からプロジェクト活動の一環として応援させていただいています。運営・ボランティアスタッフをはじめ、沢山の方の協力で成り立っているこの素晴らしいイベントが今年も盛り上がり、そして今後も続いていくことで、震災の風化を防ぎ、東北に笑顔を届けることができるように。 今年も本大会をサポートすべくオフィシャルドリンクとしてサントリー飲料を大会に提供させていただきます。
    そしてサントリーグループはこれからも、太陽の光がさんさんとふりそそぐように、東北の皆さまに笑顔と希望をお届けしたいという思いのもと、継続的な復興支援に取り組んでまいります。

  • 寺田倉庫株式会社

    寺田倉庫株式会社

    寺田倉庫株式会社

    寺田倉庫は、スペースを活用するノウハウを駆使した保存・保管の技術向上を追求しており、美術品、ワイン、メディアといった専門的な商品に特化した保管技術においては 国内外で高い評価を得ています。寺田倉庫が運営するクラウドストレージサービス「minikura」はサービス開始当初より東北に倉庫の拠点を構え、地元企業や周辺地域と連携をし、サービスを拡充してまいりました。2013年よりヤフオク!との連携をきっかけに「ツール・ド・東北」への想いに共感し、2014年よりこのイベントを一緒に盛り上げております。今年も、ライダーの皆様が万全にスタートできるようスタート・ゴール地点となる石巻専修大学グラウンドに「CAMP VILLAGE presented by TERRADA」を提供しております。
    一緒にかけがえのない「ツール・ド・東北」にしましょう!

ゴールドパートナー

  • LOHACO by ASKUL

    アスクル株式会社

    日用品ショッピングサイト「LOHACO(ロハコ)」をYahoo! JAPAN協力で運営するアスクル株式会社は、被災地の子どもたちを応援する「ASKUL Kodomo Art Project」、対象商品の売上の一部を支援に役立てる「東日本復興支援企画」等の被災地支援に取り組んでいます。
    今年はライド参加者を含むスタッフ60名以上が現地入りし、エイドステーションや会場ブースなどで大会を盛り上げます!

  • SABON

    株式会社 SABON Japan

    1997年イスラエルで生まれたボディケアブランド「SABON」。男女問わず、赤ちゃんから大人まで、世界中の人々の心と体を癒し、世界に幸せと平和をもたらしたいという願いのもとに発展してきました。去年はたくさんの方にSABONブースにお越しいただき手を洗ってリラックスしていただきました。今年も今日が東北の明日への希望の一歩となりますように。そして、今日も一人でも多くの皆様が幸せで楽しい気持ちにつつまれるように今年もお手伝いさせていただきます!ブースに手を洗いにきてください、お待ちしております。

  • JCB

    株式会社ジェーシービー

    JCBは、「一定期間内の『5』のつく日のJCBカードご利用1件につき1円を復興支援に取り組む団体へ寄付する活動 “『5』のつく日。JCBで復興支援”」や、「震災でご両親を亡くされた子どもたちへの“奨学基金の設立”」など、復興支援につながる活動を継続して行っています。

  • ANA

    全日本空輸株式会社

    ANAグループは「We Support TOHOKU」のスローガンの下、航空とその周辺事業やボランティア活動を通して、被災地である東北を支援してきました。2度目の協賛となる「ツール・ド・東北」では、参加者の皆様に被災地の復興状況や元気な姿を感じていただき、地域の方々と心をひとつにできるようサポートしていきます! 私たちは東北が未来へこぎ出せるよう継続的に復興支援に取り組んでまいります。

  • ソフトバンク株式会社

    ソフトバンク株式会社

    ソフトバンクは第1回大会から「ツール・ド・東北」を応援し続けています。 社員もライダーとして毎回参加しており、復興の足音を感じながら、地域とのふれあいを大切に考えています。企業のCSRとしても、「継続的な復興支援」を重要テーマに掲げ、震災当時から様々な活動を行ってきました。東北の発展を心から願い、これからも「ツール・ド・東北」とライダーの皆様を応援してまいります。

  • T-POINT

    株式会社Tポイント・ジャパン

    私たちTポイントは「人と人を、人と社会をつなげるみんなのポイント」として、Tカードをご利用の全国のみなさまとともに東北に子どもたちの遊び場をつくるプロジェクトをはじめとした東北復興支援を続けてきました。
    「ツール・ド・東北」への参加は今年で4年目になります。ライダーのみなさまが東北の風を感じ、美しい景色にいやされ、地元の方たちとふれあうことのできる素晴らしいイベントだと思っています。これからもTポイントは様々な活動を通じて東北の応援を続けてまいります。

  • hp

    日本ヒューレット・パッカード株式会社

    私達は、次世代テクノロジーと人材を通じてグローバルにビジネスの加速と社会的課題を解決しています。東北被災地には現在も社員が定期的に訪れ、地域の方と活動を続けています。
    今年も大勢の社員ライダーやクルーと共に「ツール・ド・東北」を盛り上げて参ります。

  • TOUGHPAD

    パナソニック株式会社

    今年2回目の参加です。本イベントを通じて東日本大震災の復興支援にお役にたてること、東北の皆様とお会いすることを楽しみにしています! 当日、当ブースでは、震災時ボランティアの皆様にご活用いただいた当社復興支援PCをご紹介。復興支援にお役立ちできる、長時間バッテリーで頑丈なタブレット「タフパッド」や、モバイルPC「レッツノート」も展示します。9月18日(日)は抽選会も予定しています! 是非お立ち寄りください♪

  • PGM

    PGM ホールディングス株式会社

    PGMグループは、全国で130箇所以上のゴルフ場を保有・運営しています。東日本大震災では、東北地方のゴルフ場8箇所が被災した経験から、同じスポーツを通じて東北地方を応援する「ツール・ド・東北」に深く共感し、第1回大会から4年連続してパートナーとして賛同しています。今年も会場内にて、ゴルフを通じて「ツール・ド・東北」を盛り上げ、東北地方を応援します!

  • FamilyMart

    株式会社ファミリーマート

    ファミリーマートは、皆さまにいつも寄り添い、日常生活を「良質な商品で!」「便利で!」で「楽しく!」すごして頂くお手伝いをしたい。
    そんな思いを「Fun&Fresh!」と言うキーワードに託して、今年も店舗をとおし、さらにツール・ド・東北を通じ参加される皆さまと一緒に、東北へ「笑顔」と「元気」をお届けいたします。

  • SUBARU

    富士重工業株式会社

    「ツール・ド・東北」をはじめとして、ジャパンカップやツアーオブジャパンなど各種自転車イベントをサポートしているスバル。今大会は先導車の提供など第1回大会から協賛し、熱戦をサポートしています。これからも人生をアクティブに愉しむ人々を応援し「安心と愉しさ」という価値を皆様に提供し続けるスバルをどうぞ宜しくお願いします。

  • 三井住友銀行

    株式会社三井住友銀行

    三井住友銀行と東北復興のつながりは、産業復興に向けたファイナンスなどの本業に加え、復興段階に合わせた各地でのボランティア活動に900名を超える従業員が参加しています。
    その中で「もう一度あの人に会いたい」というリピーターが次第に増え、その輪が広がってきました。私たちは、東北とのつながりを持つ人を生み出し続ける「ツール・ド・東北」を応援します。そして今年もまた、私たちの従業員が、皆さまの故郷を駆け抜けます。

  • 三菱商事

    三菱商事株式会社

    三菱商事は、第1回大会から「ツール・ド・東北」に協賛し、社員もライダーとして参加しています。また、社員ボランティアも参加し、女川のエイドステーションでライダーをおもてなししています。ボランティア参加者からは「地元の方々との交流も多く、とても心に残る活動になった」など、大変好評です。笑顔の絶えない、明るく元気なイベントとして今年も全力でサポートします。

  • ROHTO

    ロート製薬株式会社

    私たちロート製薬は、2016年2月に新しいコーポレートアイデンティティとして「NEVER SAY NEVER」を制定しました。
    これは、世の中を健康にするために、自分の進むべき道を見据え、どんな困難にもめげず、常識の枠を超えてチャレンジし続けるという宣言です。
    今年も「ツール・ド・東北」にご参加される皆様の笑顔と健康が、東北中に広がっていくように盛り上げていきます!

シルバーパートナー

  • IDCF Cloud

    株式会社IDCフロンティア

    ITにできることは、世の中を便利に、快適にすることだけではないはず。もっと”みんなの笑顔を増やしたい"。そんな想いでITインフラを担う私たちIDCフロンティアは東日本大震災からの復興を支援する活動を続けています。
    今大会もライダーとして社員が参加し、被災地の皆さまと一緒に東北を駆け抜けます。
    参加される皆さまの希望や情熱、そして笑顔が、被災地の皆さまの笑顔につながると信じてます。

  • 株式会社アイレップ

    株式会社アイレップ

    アイレップは、「ツール・ド・東北」の「東日本大震災の復興支援および震災の記憶を未来に残していく」という目的に賛同し、今回より支援に加わりました。弊社のスローガンは「a cycle of success, with us」です。参加者の皆様、一緒に東北の大自然をサイクルしましょう!

  • 井上ゴム工業株式会社

    井上ゴム工業株式会社

    私たち、アイ・アール・シー 井上ゴム工業は宮城県栗原市に自転車タイヤの生産拠点を有しており、地元企業としても東日本大震災復興支援イベント「ツール・ド・東北」を応援し続けることが大切だと思っております。当日は参加者皆様の笑顔と感動であふれますように今年も会場のメカニックブース等にて応援させて頂きます。

  • AON

    エーオンジャパン株式会社

    世界最大級のリスクコンサルティング会社であるエーオンは、東日本大震災の復興支援および震災の記憶を未来に残していくことを目的とした自転車イベント「ツール・ド・東北」を応援しています。明るく元気にたくさんの笑顔とともに東北を駆け抜けましょう!

  • オカムラ

    株式会社岡村製作所

    震災から5年以上経過し、復興も進みつつありますが、「ツール・ド・東北」に参加された皆様の思いが、さらに復興の後押しとなり日本の未来に繋がることを期待します。
    事故などには気を付けて無理せずそれぞれのペースで走りぬけ、東北の素晴らしい自然を楽しんでください。

  • SUPERMICRO

    スーパーマイクロ株式会社

    サーバメーカーのスーパーマイクロ株式会社は、「ツール・ド・東北」へ今年で3年目の協賛となります。年々目覚ましい復興を遂げている町並みの中で新たな東北の魅力を発見し、東北の皆様や参加者の皆様と交流出来ることをとても楽しみにしています。今後も復興への道を皆様と共に歩み、支援活動に取り組んでまいります。

  • SEIKO

    セイコーソリューションズ株式会社

    セイコーはスポーツや音楽イベントを通じ、東日本大震災からの復興を支援する活動を実施しています。これからも、支援活動の「輪」、将来への希望や思いをつなぐ「輪」、一丸となって復興に取り組む調和の「和」など、”わ”の絆を広める取り組みを継続していきます。

  • 西武プロパティーズ

    株式会社西武プロパティーズ

    わたしたち西武プロパティーズは、「人・街・くらしに感動とほほえみ」を提案する企業として、東日本大震災復興支援イベント「ツール・ド・東北」を応援しています。また、この大会を通じて東北が元気になることを願うとともに、これからも未来に向かって共に歩んでまいります。

  • Septeni

    株式会社セプテーニ

    わたしたちセプテーニは、「感動」「挑戦」「チームワーク」「笑顔」をコアバリューに掲げる企業として、「ツール・ド・東北」にご参加される皆様の「感動」「挑戦」「チームワーク」「笑顔」を応援しております。
    参加者のエネルギーで、東北から日本を、そして世界を元気にしていきましょう!

  • SoftBank technology

    ソフトバンク・テクノロジー株式会社

    ソフトバンク・テクノロジーでは、「ツール・ド・東北」への参加を通じて「これからの震災復興のためにできること」を発信していきます。
    東北の現状、素晴らしい魅力を一つでも多く感じて、今年も「ツール・ド・東北」に参加できる喜びを共有・共感し、震災から立ち上がり進化する東北と共に走り続けていきます。

  • Takara Leben

    株式会社タカラレーベン

    タカラレーベンは東日本大震災復興支援の一環として「ツール・ド・東北」を応援しています。「幸せを考える。幸せをつくる。」という企業ビジョンのもと、今後も微力ながら継続的に復興支援を行って参ります。

  • 都築電気

    都築電気株式会社

    都築電気は、IT企業として今後も東日本大震災の復興を支援してまいります。東北の皆様、「ツール・ド・東北」への参加の皆様、ボランティアの皆様。 “笑顔とふれあい” を通じて、未来にわたり「つながり、つづく」ことを願っております。

  • dip

    ディップ株式会社

    ディップ株式会社はアルバイト求人情報サイト「バイトル」、派遣の求人情報サイト「はたらこねっと」、看護師の人材紹介サービス「ナースではたらこ」などを運営する企業です。「ツール・ド・東北」は、初回開催から応援し続けています。
    社名の由来でもある「夢(dream)・アイデア(idea)・情熱(passion)」をもって、本年も東北の皆様とライダーの皆様を応援いたします!

  • TOMORROWNET

    株式会社トゥモロー・ネット

    わたしたちトゥモロー・ネットは「ITを通じて社会の明日に貢献する」を企業理念としてます。
    「ツール・ド・東北」の参加を通じて、東北の明日に貢献するべく、地域活性化の後押しをいたします。
    大会に参加する皆様、事故や怪我には気を付け、東北の大自然を駆け抜けましょう!

  • MORI BUILDING

    森ビル株式会社

    私たち森ビルは「Vertical Garden City-立体緑園都市」という理想の都市モデルのもと、六本木ヒルズ、虎ノ門ヒルズをはじめとした都市再開発において、安全・安心、環境・緑、文化・芸術を重視しながら街を創り、育んでいます。
    誰もが安全安心に生活することのできる街づくりを目指す私たちは、今年も「ツール・ド・東北」を応援させていただくことで、東北の未来に貢献したいと考えています。

テクニカル・サプライヤーパートナー

  • 井上ゴム工業株式会社

    井上ゴム工業株式会社

    宮城県栗原市で自転車タイヤを生産をしているアイ・アール・シー 井上ゴム工業は、昨年に続き今年も地元企業として、東日本大震災復興支援イベント「ツール・ド・東北」を応援するためオフィシャルメカニックブースを担当させて頂きます。走行前の空気圧点検は、快適な走行・タイヤのトラブルを抑制する上でも重要な点検となります。また、タイヤが減っていたり、ひびが入っている場合もパンクや、最悪転倒といった事故の原因になります。安全で、楽しく、今回のイベントを完走するためにスタート前には空気圧の点検をしましょう。ブースでは空気入れなど用意してお待ちしておりますのでお気軽にお越しください。

  • サイクルプラザ ダイシャリン

    私たちシナネンサイクル株式会社は、東日本大震災復興イベント「ツール・ド・東北」を通して、少しでも多くの方に復興支援が出来るように応援していきたいと思います。
    自転車に関わる企業として、今年もサポートライダー・エイドメカニックでのサポートや、コースを安全に走る為に必要なパーツを取り揃えているダイシャリンブースも展開致しますので、お気軽にお越しください。
    このイベントで皆様が自転車で走り、最後に【笑顔】で終われるように微力ながら協力させていただきます。

  • 株式会社シマノ

    参加者が疾走するコース上に、延々と続くあたたかい応援の声。互いに勇気と希望、感動を共有できるイベント「ツール・ド・東北」。目標のゴールまで無事完走する為にも、日頃から愛車の点検・メンテナンスは欠かせないもの、必ず事前に実施をお願いいたします。とは言え、当日スタート前や走行中に突然のアクシデントやトラブル発生の可能性はゼロではありません。私たちメカニックチームが可能な限り、走行可能な状態を目指してサポートいたしますので、お困りの際はメカニックブースまたは、サポートカーにお声掛けください。

  • 株式会社ジャイアント

    大震災から5年、災害の記憶が薄れはじめたところを再び熊本地震に見舞われた日本。大災害は一地方の不運ではなく国民全体で向き合うべき脅威と再認識しました。私たちジャイアントジャパンも、今まで以上の主体性をもって復興支援に当たるべきと決意を新たにしています。復興に寄り添い進化し続ける「ツール・ド・東北」は、今回「牡鹿半島チャレンジグループライド」を追加。私たちもこの新ライドに賛同して体制を強化し、東北で展開するジャイアントストアのスタッフも加えた全社的な取り組みとして参加者の皆様をサポートさせていただきます。またジャイアントグローバルグループの一員として、今後は東北を台湾などの世界とつなぐことにもチャレンジしてまいりますので、参加者の皆様にも、「ツール・ド・東北」が日本を代表するサイクルイベントとして末永く発展していけますようご協力いただければ心強い限りです。今年も秋晴れの東北で参加者の皆様とお目に掛かることをスタッフ一同楽しみにしています!

  • 株式会社早坂サイクル商会

    仙台駅前クリスロードの仙台中央店を中心に市内6店舗で営業しておりますハヤサカサイクルです。
    今回当社として初めてメカニックサポートなどでツールド東北に参加させて頂きます、微力ではありますが皆さんのお役に立てたらと思います。
    また当社のブースはライトなどの用品やサイクルウェアの物販も行っております、是非ハヤサカサイクルブースまでお越し下さい。

  • 株式会社オージーケーカブト

    日本のヘルメットブランド、オージーケーカブト(大阪)は、第1回大会から「ツール・ド・東北」の“想い”に賛同し、通学用・子ども用などのヘルメットをはじめとした、サイクリングヘルメットを提供しています。 震災以降、幾多の苦難を乗り越え、着実に復興を成し遂げつつあるこの東北を、ぜひサイクリストの笑顔で包んで欲しい、そしてそれが地元の方へのさらなるパワーになればと、そんな想いで今後も引き続き一緒に「ツール・ド・東北」を盛り上げ、その活動を応援します。

  • ヤマハ発動機販売株式会社

    ヤマハ発動機販売株式会社

    ヤマハ発動機のブランドスローガン「Revs Your Heart」心躍る豊かな瞬間と最高の感動体験を。

    イノベーションへの情熱を胸に、ヤマハ発動機は挑戦を続けます。
    「ツール・ド・東北」第1回大会より、ヤマハでは参加者の先導用として、大型スクーターや3輪スクーターの貸与を開始。
    本番では、東北エリアの二輪車安全運転インストラクターをはじめとするベテランライダーの方々に先導ライダーをお務めいただきながら、参加者のみなさまの「挑戦」をお支えしております。

    本年も本大会が成功裏に終わるよう祈念しております。