メニュー

TOUR de TOHOKU 2016

「手ぶらdeラクラク石巻周遊ライド」について

2016年6月16日

主催者側が用意する電動アシスト自転車に乗り、石巻市街地をグループで周遊するライドです。
石巻の復興状況を体感し、地元の方と触れ合い、地元の新鮮な食を堪能できる約18kmのコースです。
電動アシスト自転車PAS(協力:ヤマハ発動機販売株式会社)とヘルメット(協力:株式会社オージーケーカブト)のレンタルつき(※)。手ぶらで気軽に参加できるので、女性の方におすすめです!

※スタート時間によっては、持ち込みの自転車での参加も可能です。

コース紹介

地元で評判のお店で、新鮮な海産物を

スタートの石巻専修大学を出発し、石巻の市街地の中心へ。夏祭り「石巻川開き祭り」では七夕飾りも行われるという「アイトピア通り」を通り、まず初めに向かうのは鮮魚店「プロショップまるか」。

「世界三大漁場」の一つとも言われている石巻。この鮮魚店は、店主の"おやじ"が目利きで選んだ新鮮な海産物を目当てに、多くの地元の方々でにぎわっています。店内に入ると、驚くほどのバラエティーに富んだ魚介類がずらりと並んでいます。店内で、その新鮮なお魚の料理をいただきます。

地元の方々に聞く、震災当時の話

その後向かうのは、石巻市門脇町で被災者の方々を励まし続けてきた「がんばろう!石巻」の看板の前。
看板前では、地元の方々より震災当時のお話をうかがいます。

看板に向かう道中では、復興工事が進む北上川沿いを走りながら、川の中瀬に立つ「石ノ森萬画館」も見られます。
その後、石巻沿岸部を見渡せる「日和山公園」へ向かいます。こちらでも地元の方々との交流を予定しています。

牡鹿半島のジビエ料理に舌鼓

日和山を下って向かうのは、石巻の伝統料理・家庭料理や牡鹿半島のジビエ料理を提供するレストラン「日和キッチン」。
かわいいと評判の、大正時代の古民家をリノベーションした店構えも自慢です。こちらでは、牡鹿半島の鹿を使ったジビエ料理「鹿カレー」を味わいます。

コースの所要時間は約2時間30分。
ぜひ一緒に石巻の「今」を感じながら走りませんか?

コース参加申し込みについて

ライダー募集要項で参加条件、注意事項などをご確認の上、エントリーよりお申し込みください。