メニュー

TOUR de TOHOKU 2016

数量限定! 公式チャリティー・サイクルジャージを発売中

2016年6月22日

ただいま、2016年大会の「オフィシャル・チャリティー・サイクルジャージ」を数量限定で発売中です!

今年のサイクルジャージは、ツール・ド・東北のカラーであるグリーンを基調に、今大会のテーマ「東北の新しい魅力を発見」をイメージしたデザイン。 フランスのスポーツメーカー「ルコックスポルティフ」製で、着用感はベーシックタイプとなります。 このジャージの利益相当額の30%は、東日本大震災地域の復興支援を目的としたツール・ド・東北基金に寄付されます。

大会当日は、みんなでこのジャージを着て、東北の地を応援しましょう!

サイクルジャージ着用イメージ

(モデルは身長175cm、Lサイズ着用)

参加者一人ひとりの「思い」をスクエアで表現

今回、このジャージをデザインした、ヤフー株式会社ブランドマネジメント部門の梶原(写真下、左)に、デザインコンセプトについて聞いてみました。

梶原:
今年の大会テーマは「東北の新しい魅力の発見」です。参加するまでは、参加者一人ひとりが東北の地で新たに出会う風景や人々、食べ物、復興の様子などにいろいろ「思い」を馳(は)せていると思います。
そして、大会に実際に参加して「新しい魅力を発見」することで、「思い」は「思い出」に変わり、また次への「思い」へとつながっていきます。 そんな参加者一人ひとりの「いろんな思い」を、“心のフォトフレーム”をイメージしたスクエアで表現しました。
そのスクエアの色は、左肩から心臓の位置までの明るい色で参加するまでの「思い」を、そして心臓から裾へ濃くなっていくグラデーションで実際に心で感じた事が「思い出」に変わっていく様子を表しています。
このジャージを身に着けたみなさん一人ひとりが、この“心のフォトフレーム”にそれぞれの思いを込めていただけるとうれしいです。

あなたもこのジャージを着て、私たちと一緒に東北の新しい魅力を発見しませんか?

ツール・ド・東北 事務局