「ツール・ド・東北 2016」収支報告について

2017年2月17日

「ツール・ド・東北」は、東日本大震災の復興支援および震災の記憶を未来に残していくことを目的とした自転車イベントです。東北の復興を長期に渡って支えていくため、10年間の継続開催をひとつの目標として、2013年より毎年開催しています。第4回目となった「ツール・ド・東北 2016」では、催事期間を2日間に拡大し2016年9月17、18日に実施しました。

「ツール・ド・東北 2016」の事業収支の状況について以下にお知らせいたします。

  • 開催日程:2016年9月17日(土)、18日(日)
  • 参加者総数:3,764名(17日:175名、18日:3,589名)
  • 「ツール・ド・東北 2016」事業収支について
ツール・ド・東北 2016 17日グループライド 18日基幹5フォンド
収入合計 13,149,519円 125,069,827円
支出合計 14,246,819円 122,022,041円
収支 -1,097,300円 3,047,786円
主催社負担金・補填金 1,097,300円 -1,097,300円
事業収支 0円 1,950,486円

収益は、次回以降の大会への事業繰越金として充てられます。事業繰越金は、より多くの人が被災地域を訪れ、現地での消費拡大や震災の記憶の風化防止につなげることを目指し、大会の規模拡大や内容の拡充などに活用していきます。

「ツール・ド・東北 2016」事業繰越金 1,950,486円

ツール・ド・東北基金について

ツール・ド・東北基金」は、自転車を活用した東北地方の観光振興や、サイクリングロード整備等への助成など、東日本大震災の被災地域の復興に関する活動への助成金としての活用を予定しており、使途が決定した場合は別途お知らせいたします。
2016年の事業を通じた「ツール・ド・東北基金」への寄付金額及び残高は以下の通りです。

「ツール・ド・東北基金」残高
ツール・ド・東北2016からの寄付 6,506,826円
2017年3月末(予定) 28,788,768円

ツール・ド・東北 事務局