気仙沼ワンウェイフォンドの魅力

2017年5月19日

気仙沼会場(気仙沼プラザホテル前)をスタートし、石巻会場(石巻専修大学)のゴールをめざす約100kmのコースです。
大会唯一、スタートとゴール会場が異なるため、前日受付から訪れる気仙沼・ゴール後の石巻と両方のエリアで時間を過ごすことができます。
大会最長距離の気仙沼フォンド(210km)以外は気仙沼市街まで走行しないため、気仙沼に行ってみたいと思っていた方はこの「気仙沼ワンウェイフォンド」をぜひご検討ください。
そのコースのポイントと魅力をご紹介します。

また、スタート地点とゴール地点が異なるため、参加の旅程を組む際には移動手段や自転車の輸送など、事前に計画していただくことがいくつかあります。
スムーズにご参加いただくためのポイントやモデルコースもご紹介します。

気仙沼会場にもテクニカルパートナー企業によるメカニックブースを設けています。輪行中の自転車の予期せぬトラブルに対処します。

コースのご案内

気仙沼ワンウェイフォンドコースマップの画像
ルートラボで見る

気仙沼市内をスタートし、南三陸町を縦断して南下、神割崎を経て北上川沿いを走り、ゴールの石巻専修大学をめざすワンウェイコース。

途中で約5カ所のエイドステーションを設けており、各所のおすすめの一品を召し上がっていただきます。

お申し込み前にはコース情報や注意事項に十分ご留意いただき、参加をご検討ください。

コースのポイント

気仙沼・南三陸・石巻を走行する約100kmの区間に込めた、気仙沼ワンウェイフォンド参加だからこそのポイントをご紹介します。

1.スタート会場 気仙沼プラザホテル前

東日本大震災を引き起こした東北地方太平洋沖地震の震源地・三陸沖から近い気仙沼市は、甚大な被害を受けました。
このスタート会場も津波被害を受けた場所で、震災による傷跡は現在もなお市内のいたるところに残っています。
復興に向け進んでいる気仙沼湾に面したスタート会場から、潮風を浴びながら出発します。

(C)河北新報社 (C)Yahoo! JAPAN

2.大谷海岸エイドステーション

気仙沼ワンウェイフォンド(約100km)と気仙沼フォンド(210km)のライダーだけが訪れることができる大谷海岸エイドステーション(道の駅大谷海岸)です。

ここは被災した気仙沼線の日本一海水浴場に近い駅「大谷海岸駅」の跡地です。現在はBRT(バス高速輸送システム)が運行しています。
道の駅の裏手には津波により不通となってしまったホームや線路をそのままの姿で見ることができます。

3.各エイドステーションでは、おすすめの一品をお楽しみください

エイドステーションごとに特色を持った、地元のおすすめの一品を提供します。
また大会を支えていただいている地元の方々やクルー(ボランティア)にも、気軽に声をかけて触れ合っていただくのも大会の魅力のひとつです。

(写真はイメージです)

コース参加申し込みについて

応"縁"ライダー、優先出走ライダー、一般ライダー、東北枠ライダーの申し込み詳細はエントリーと手順をご確認ください。

受付について

気仙沼ワンウェイフォンド参加ライダーの受付は、9月16日(土)に気仙沼会場で行います。石巻会場の受付にお越しいただく必要はありません。

手荷物について

大会当日、気仙沼会場でスタート前に参加ライダーの手荷物を預かり、ゴールの石巻会場へ運搬します。
石巻会場へ運搬する手荷物はライダー1名につき1個(大会指定の袋に収まる量)です。

運搬費用はエントリー料に含まれています。
<ほかにも手荷物がある場合>

ほかにも手荷物がある場合は、気仙沼会場から石巻会場や自宅へ運搬する有償サービスがあります。
有償運搬分は、気仙沼会場の西濃運輸ブースにご自身で持ち込んで発送手続き(支払い含む)をしてください。

料金は、気仙沼会場→石巻会場の場合:小(3辺合計130cm以内)500円/個、大(3辺合計130cm超える)1,000円/個

ご自宅への運搬は西濃運輸ブースで直接お尋ねください。

自転車輸送について

現地までの自転車の持ち込みは、ご自身で輪行いただく以外にも、西濃運輸のカンガルー自転車イベント便(自転車配送)もご利用いただけます。

石巻会場、気仙沼会場にカンガルー自転車イベント便の大会特設ブースを設置します。
自宅から発送して気仙沼会場で受け取り、ゴール後は石巻会場から発送し自宅で受け取り、といったご利用方法も可能です。

料金や注意事項などは自転車配送のページでご確認ください。

気仙沼ワンウェイフォンド参加の場合のモデルコース

行き帰りを身軽にしたい方には ~ 自転配送サービス&公共交通機関を利用 ~

事前に自転車を梱包し、カンガルー自転車イベント便で気仙沼会場へ発送

  • 9月16日(土)
    • 手持ちの荷物は着替えを入れたバッグパック1つだけ。輪行バッグも忘れずに。仙台駅前から高速バスで気仙沼案内所または気仙沼市役所前バス停に到着。 気仙沼会場まで、気仙沼案内所から約400m、気仙沼市役所前から約1km。
    • 会場で大会受付を済ませ、カンガルー自転車イベント便ブースで自転車を受け取ったあとは、せっかくなので市内をサイクリング・観光し、宿泊先へも自転車で移動。
      宿泊先では、自転車を輪行バッグに入れて部屋で保管。 ※宿泊施設への自転車の持ち込みは、必ず事前に宿泊施設にご確認ください。
  • 9月17日(日)
    • 宿泊先から自転車で気仙沼会場入り。会場の手荷物預かりブースに手荷物を預けて待機列に並び、スタート。
    • 石巻会場にゴール後は、手荷物を受け取り、自転車はカンガルー自転車イベント便ブースから自宅に向けて発送。石巻会場のブースをめぐって買ったお土産も一緒に発送できます。
    • 石巻駅からはJR仙石線で帰路に。手荷物1つで身軽なので、乗り換え電車の待ち時間に仙台駅周辺でもおいしいものを食べて帰宅。

輪行派の方には ~ JR利用&宅配便を活用 ~

事前に宿泊先へ手荷物を発送

必ず事前に宿泊施設へ自転車の配送と持ち込みについてご確認ください。
  • 9月16日(土)
    • 新幹線利用で一ノ関駅で在来線(ドラゴンレール大船渡線)に乗り換え気仙沼駅に到着。
    • 気仙沼駅前で自転車を組み立て、気仙沼会場へ移動、会場までは約2.1km。
    • 大会受付け後は、市内をサイクリング・観光し、宿泊先へも自転車で移動。
    • 宿泊先では、自転車を輪行バッグに入れて部屋で保管。
  • 9月17日(日)
    • 宿泊先から自転車で気仙沼会場入り。会場の手荷物預かりブースに手荷物を預けて待機列に並び、スタート。
    • 石巻会場にゴール後は、手荷物を受け取り、石巻会場のブースをめぐって買ったお土産の数々と荷物は 、カンガルー自転車イベント便ブースから宅配便で発送して身軽に帰路へ。
      石巻駅まで自走し、輪行で仙台行きに列車に乗り仙台駅へ。

気仙沼大島を訪れたい方には ~サイクルフェリーで気仙沼大島へ

事前に自転車を梱包し、カンガルー自転車イベント便で気仙沼会場へ発送

  • 9月16日(土)
    • 手持ちの荷物は着替えを入れたバッグパック1つだけ。輪行バッグも忘れずに。公共交通機関を利用して気仙沼会場へ。
    • 会場で大会受付を済ませ、カンガルー自転車イベント便ブースで自転車を受け取り。
    • 気仙沼会場からすぐの気仙沼大島フェリー乗り場から、フェリーに乗船。約25分で気仙沼大島へ上陸したら、風光明媚(めいび)な気仙沼大島内をサイクリング。
      夕暮れ時には気仙沼に戻り宿泊。
      宿泊先では、自転車を輪行バッグに入れて部屋で保管。
      宿泊施設への自転車の持ち込みは、必ず事前に宿泊施設にご確認ください。
      フェリーへの自転車の乗り入れは別途料金が必要です。
      大島から気仙沼への帰路便の時刻・運行情報は事前にチェックしてください。
  • 9月17日(日)
    • 宿泊先から自走で気仙沼会場へ。会場の手荷物預かりブースに手荷物を預けて待機列に並び、スタート。
      (イメージ)
    • 石巻会場でゴール後は、手荷物を受け取り、自転車はカンガルー自転車イベント便ブースから自宅へ発送。石巻会場のブースをめぐって買ったお土産も一緒に発送し、身軽に帰路へ。

気仙沼近辺にご自宅がある方には ~ ゴール後、石巻から気仙沼へのツアーバスを利用して帰宅

気仙沼会場では、来場者用の駐車場は用意しておりません。
車で来場される場合は、会場近隣の一般駐車場をご利用ください。
  • 9月16日(土)
    • 気仙沼会場で受付
  • 9月17日(日)
    • 気仙沼会場の手荷物預かりブースに手荷物を預けて待機列に並び、スタート。
      (会場設営の様子、駐車場はございません)
    • 石巻会場にゴール後は、手荷物を受け取り、自転車はカンガルー自転車イベント便ブースから自宅へ発送。
    • 石巻会場から気仙沼会場へ向かうツアーバスに乗車して、気仙沼会場へ戻る。会場近隣の駐車場にから自宅へ。
      自転車は積載できません。輪行袋を利用しても積載できません。