よくある質問

ライダー向け

ライダー参加について

Qサイクリング初心者でも参加できますか。
A参加できます。

ツール・ド・東北のコースはアップダウンが多いため、公式サイトの地図にある高低図などをご確認いただき、獲得標高などの情報をご参照のうえ、それぞれのコースに設けられた制限時間内にゴールできる自信のある方はお申し込みください。
Q子どもだけで参加できますか。
A参加は、中学生以上の方が対象です。

中学生の方は親子ライダー枠でのみ参加可能で、保護者と2名1組でお申し込みください。また未成年者の参加には、保護者の同意が必要です。
Q電動アシスト付き自転車での参加は可能ですか。
A可能ですが推奨はいたしません。

電動アシスト付き自転車に特化したメカニックサポート(充電や修理など)はありませんので、参加者ご自身で対応ください。

エントリーについて

Qエントリー方法を教えてください。
Aエントリーと手順をご覧ください。
Qチームで申し込むことはできますか。
A一部のコースでチームでのエントリーを予定しています。

詳細はエントリーと手順をご確認ください。
Qチームメンバー、知り合いや家族と一緒に走れますか。
A9月15日(土)のグループライドにご参加の場合は、スタート前のグループ分け時に担当スタッフにお知らせください。ご希望に添えるよう配慮はいたしますが、ご希望に添いかねる場合もございます。あらかじめご了承ください。

9月16日(日)のフォンドの場合は、各フォンドごとに一緒に集まってスタート待機列にお並びください。
Q一度申し込んだコースを、後から変更できますか。
A一度申し込んだコースは変更できません。

事前によく検討のうえ、お申し込みください。
Qインターネット以外の申し込み方法はありますか。
Aお申し込みはインターネットに限らせていただきます。

詳しくはエントリーと手順をご確認ください。
Qエントリー料の支払いはどうすればいいですか。
A先着順方式での販売ではクレジットカード決済と、コンビニ決済を利用いただけます。抽選方式の販売ではクレジットカード決済に限らせていただきます。

詳しくはエントリーと手順をご確認ください。
Q2次募集はありますか。
A6月1日から抽選方式によるエントリー受付を予定しています。

詳しくはエントリーと手順をご確認ください。
Q開催当日、現地で直接エントリーできますか。
A当日のエントリーはございません。

ライドについて

Q当日受け付けはありますか。
A前日(9月15日)受付のみです。

※9月15日(土)出走のグループライドは出走当日の受付です。
Q代理受け付けは可能ですか。
A代理受付は可能です。

参加者自署済みの誓約書も忘れずお持ちください。
Q代理出走はで可能ですか。
A代理出走できません。

本人以外の出場(不正出走)があった場合は、出場を取り消します。
Qテクニカルサポートはありますか。
A9月15日(土)16日(日)の両日、石巻・気仙沼のスタート会場、エイドステーションにテクニカルサポートブースを設置予定です。

  • 予期せぬバイクトラブル等を対象として、メンテナンスをおこないます。
  • 通常メンテナンスはいたしかねますので、必ず事前に各自でメンテナンスをおこなってからご参加ください。
  • コース上をテクニカルサポート車両が巡回しますが、到着まで時間がかかります。
  • チューブラータイヤは、メンテナンス対応外です。
  • テクニカルサポートは有償です。
Qパンク修理はしてもらえますか。
A参加者ご自身で修理してください。

  • 最低限のメンテナンスグッズ(パンク修理キットなど)の携行してください。
  • もしご自身での対応が難しい場合は、会場・エイドステーションのメカニックブース、メカニックサポート車両または走行管理ライダーにお声掛けください。
  • メカニックサポートは有償です。
Q開催時期の天候や気温を教えてください。
A石巻市:平均気温19.9℃、最高気温24.2℃、最低気温15.9℃
気仙沼市:平均気温18.8℃、最高気温24.1℃、最低気温14.2℃
(2017年9月の平均気温)

天気がいい場合は暑さが予想されますが、早朝のスタート時やゴール後の夕刻時は冷え込みます。また下り坂や降雨、沿岸部の強風などで体感気温が下がりますのでウインドブレーカー・レッグウオーマーを携行するなど、温度調節のしやすい服装でのご参加をおすすめします。
Qコース路面の状況を教えてください。
A被災地域の復興作業もあり道路上に細かな砂利が散乱している場所や、落ち葉や小枝などが散乱している場所もあります。震災により道路の舗装が痛んでいる箇所があります。

公式サイトや公式Facebook等でもコース状況については随時情報提供いたしますが、道路状況は日々変化していますので当日は道路状況に応じた走行をするようにしてください。
Qライド中に昼食や補給の提供はありますか。
A9月15日(土)実施のコースでは、途中に休憩ポイントを設け、地元の味を楽しめる軽食または昼食を提供予定です。給水も設けています。その他、必要な補給食や水分は必ず各自で携行してください。

9月16日(日)実施のコースでは、各エイドステーションで地元の味を楽しめる軽食を提供予定です。また走行距離の長い、北上フォンド(100km)、南三陸フォンド(170 km)、気仙沼フォンド(210km)、気仙沼ワンウェイフォンド(100km)では、そのうち1カ所のエイドステーションでご当地メニューの昼食を提供予定です。
Qエイドステーションは何カ所ありますか。
Aエイドステーションは、コース上に約20kmごとに設置されます。

気仙沼フォンド(210km)では9カ所、南三陸フォンド(170km)では7カ所、北上フォンド(100km)では4カ所、女川・雄勝フォンド(65km)では3カ所、気仙沼ワンウェイフォンド(100km)では4カ所、南三陸ワンウェイフォンド(50km)では2カ所のエイドステーションを設置予定です。
Qスタート/ゴール会場に手荷物預かり所はありますか。
A石巻会場(スタート/ゴール)に手荷物預かりコーナーを設置します。ただし、貴重品はお預かりできませんので、ご自身での管理をお願いいたします。

気仙沼ワンウェイフォンド(100km)、南三陸ワンウェイフォンド(50km)参加ライダーの手荷物はスタート会場にてお預かりし、石巻のゴール会場へ搬送します。 お預かりする荷物のサイズなどの詳細は、後日お知らせいたします。
Q更衣室はありますか。
A石巻会場では、更衣テントの設置を予定しています。
Q会場から手荷物の発送はできますか。
Aスタート/ゴール会場である石巻会場内に設置される「カンガルー自転車イベント便」を提供する西濃運輸による、手荷物等の宅配便サービスをご利用いただけます。
Q気仙沼ワンウェイフォンドへの参加を検討しています。石巻専修大学でゴール後に、気仙沼へ戻る方法がありますか。
A大会ではシャトルバスの運行などは予定していません。

ボランティア向け

ツール・ド・東北 クルー(大会運営ボランティア)参加について

Qどんな役割を担うのですか。
Aクルー担当内容紹介ページに掲載している担務を募集します。希望の担当にお申し込みください。
Q希望する仕事を選べますか。
Aまずは、希望の担務にお申し込みください。

申込者多数の場合は事務局により、担務を決定させていただきます。あらかじめご了承ください。担務は、8月末までに決定してお知らせする予定です。
Q宿泊場所はありますか。
A原則ご自身でご手配ください。

事務局では、9月15日(土)泊の宿泊のみ、石巻専修大学の体育館や教室を休憩所として提供します。男女別の部屋を用意しますが、ほかのクルーの方々と同室です。
Qグループで応募できますか。
A同じ活動場所になるよう配慮しますので、グループで申し込みいただくか、「○○さんと一緒」のように分かるように申告してください。
Q当日の服装はどうすればいいですか。
A
  • クルーTシャツと帽子を配布いたします。クルー担務活動中は必ず着用ください。
  • 担務によっては、立ち仕事や荷物運搬もありますので、動きやすい服装(女性はスカートでなくズボン)と動きやすい靴(運動靴・スニーカーなど)でご参加ください。
  • 寒暖や雨天への対策は各自お願いします。9月中旬の宮城県石巻地方は秋の気候で、天候次第で最低気温が10度台前半に下がることもあります。特に関東や関西などからお越しになる場合、体が寒さに慣れていないため、体調を崩しやすいのでご注意ください。ウインドブレーカーを携行するなどし体調管理してください。
  • 降雨も想定し、雨ガッパやタオルも各自でご用意ください。主催者では用意がありません。
  • クルー向けの荷物預かりはございません。活動中はご自身の荷物の携行には、リュックサックなどを利用し両手が使えるようにしてください。
Q更衣室はありますか。
A石巻会場では、更衣テントの設置を予定しています。
気仙沼会場・エイドステーションには更衣テントはございません。
Q食事や飲み物の支給はありますか。
A軽食と飲み物をご用意します。

衛生管理の都合により、軽食ではなくクオカードで代用させていただく場合もあります。
Q自家用車で行きたいのですが、駐車場はありますか。
A
  • 気仙沼会場=気仙沼市内の公共駐車場等をご利用ください
  • 北地区・中地区エイドクルー=宮城県南三陸町総合体育館(スポーツ交流村「ベイサイドアリーナ」)
  • 石巻会場=石巻専修大学周辺には駐車場がありませんので、石巻市雲雀野埠頭臨時駐車場をご利用いただき、無料シャトルバスをご利用ください。

詳しくは、会場アクセスのページをご覧ください。
Qボランティア保険の対象でしょうか。
A大会事務局で傷害保険に一括加入します(保険料の個人負担はありません)。

保険の適用範囲は契約内容に基づくものとし、主催者の指示を遵守しなかった場合や不適切と判断された場合には適用できません。
Q事前説明会はありますか。
A実施しません。
Q今後のスケジュールはどうなっていますか。
A6月末に申し込みを締め切ります。

8月中旬から8月下旬にかけて、割り当てをご案内していきます。
Qどんな人が参加していますか。
A東北各県はもちろん、首都圏や関西地方からも多くの方が訪れます。年代も高校生から80代の方まで幅広いです。

2017年の事後アンケートでは「クルーの方々と協力しながら楽しく活動することが出来ました」(青森・女性)「他のエイドクルーやライダーと楽しく交流できました」(山形・男性)「ライダーの充実した笑顔が見られたのもよかった」(東京・女性)などのご感想をいただきました。
Q首都圏からの参加となりますが、どんな移動手段やスケジュールが考えられますか。
A新宿、渋谷から石巻駅まで夜行高速バス(宮城交通)をご利用いただくと、石巻専修大学までの無料シャトルバスに乗り継げます。16日に東京まで戻る場合、石巻駅から仙石東北ラインで仙台駅へ出れば、東京行きの新幹線に間に合います。

9月16日にエイドクルー北地区、中地区の活動に従事される場合、15日深夜に仙台駅を出て南三陸町へ直行する無料クルーバスをご利用いただくこともできます。この場合、16日夜の東京行き新幹線がある時間帯に仙台駅へ戻ります。ただし、天候や道路状況等による遅延など、公共交通へ接続できない場合でも、責任は負いかねますのであらかじめご了承ください。

一般向け

会場イベントについて

Q会場で開催されるイベントを教えてください。
A会場イベントの実施を検討中です。

詳細は8月頃発表いたします。

オフィシャルツアー、宿泊について

Q9月15日(土)16日(日)早朝に仙台から石巻専修大学会場へ向かうツアーバスなどはありますか。
A駐車場・シャトルバス・有料送迎バスなどについては会場アクセスのページをご覧ください。
Q応援ツアーは実施しますか。
A2018年は応援ツアーは催行しません。ご了承ください。

お問い合わせ

ツール・ド・東北 2018 大会運営事務局

エントリーに関するお問い合わせ

ツール・ド・東北エントリーセンター

イベントに関するお問い合わせ

ツール・ド・東北事務局