エイド・見どころ紹介

気仙沼フォンド

気仙沼フォンドのコースマップ

女川AS

写真:女川ASの風景

2015年3月21日、東日本大震災から4年ぶりにJR石巻線が全面復旧、女川駅も再建された。今年も地元の女性たちが作る「女川汁(サンマのすり身汁)」が、朝早く出発したライダーの胃袋を温めてくれる。

女川ASで提供されるエイド食

写真:女川汁(サンマのすり身汁)
女川汁(サンマのすり身汁)

全国有数のサンマの水揚げを誇る女川町。そのサンマのすり身団子が入った女川汁。立ち寄ったキャロライン・ケネディ駐日米大使も絶賛した味。

雄勝AS

写真:雄勝ASの風景

県道の付け替え工事のため移設された仮設商店街「おがつ店(たな)こ屋街」敷地内に設置。おなじみの新鮮なホタテは、移設しても変わらずにライダーたちを待っている。

運営団体

  • 特定非営利活動法人雄勝まちづくり協会
  • 石巻雄勝地区復興応援隊
  • おがつ店こ屋街共栄会

雄勝ASで提供されるエイド食

写真:ホタテ焼き
ホタテ焼き

ホタテを焼き台で豪快に殻ごと焼く様子は、雄勝ASの名物となっている。

神割崎AS

写真:神割崎ASの風景

石巻市と南三陸町にまたがる美しい景勝地。ASが設置される駐車場近くのキャンプ場など、一帯は公園として整備されている。食事は「南三陸かあちゃんむすび」(軽食)と「南三陸シーフードカレー」(昼食)が振る舞われる。

運営団体

  • 宮城県漁業協同組合志津川支所

神割崎ASで提供されるエイド食

写真:南三陸かあちゃんむすび
南三陸かあちゃんむすび

南三陸町産のひじき・わかめのまぜご飯の中に大きな紅鮭が入った、地元のおかあさんたちの愛情たっぷりの海鮮おにぎり。どちらか1個選べます。

歌津AS

写真:歌津ASの風景
提供:南三陸町

2011年12月に開設した「伊里前福幸商店街」を引き継ぎ、16年2月、「南三陸ハマーレ歌津」としてオープンした。商店街があるのは海抜7メートルにかさ上げした伊里前地区の中心市街地で飲食、衣料品など8店舗が入る。

運営団体

  • 南三陸町観光協会
  • 南三陸商工会
  • 南三陸町復興推進ネットワーク

歌津ASで提供されるエイド食

写真:雁月(がんづき)
雁月(がんづき)

岩手県、宮城県などの東北地方で、農作業の合間におやつとして食べられていた郷土料理。小麦粉や卵などの生地を蒸した、しっとり、もちもちとした食感を楽しめる。

階上AS

写真:階上ASの風景

国道45号(東浜街道)から交差点を左折、坂を少し上がると階上小学校だ。気仙沼のソウルフード「クリームサンド」と地元産いちごのシャーベット、さらには児童のメッセージが、例年ライダーの疲れを癒やしてくれる。

運営団体

  • 気仙沼市食生活改善推進員連絡協議会
  • 階上地区協議会

階上ASで提供されるエイド食

写真:クリームサンド、いちごシャーベット
クリームサンド
いちごシャーベット

クリームサンドは昭和28年生まれの気仙沼地方のおやつの定番。コッペパンに程良い甘さのピーナツクリームが詰まってます。地元産いちごのシャーベットと一緒にどうぞ。

大谷海岸AS

写真:大谷海岸ASの風景

東日本大震災前は「日本一海水浴場に近い駅」として親しまれ、現在は道の駅として営業。2015年はケネディ駐日米大使が献花された。食事は「ホタテ炊き込みご飯&磯のりのみそ汁」(昼食)か、クリームサンド&いちごシャーベット。

運営団体

  • 株式会社本吉町産業振興公社

大谷海岸ASで提供されるエイド食

写真:ホタテ炊き込みご飯、磯のりのみそ汁
ホタテ炊き込みご飯、磯のりのみそ汁

鮮度抜群の地元産ホタテをめいっぱい使った「ホタテ炊き込みご飯」。だしの利いた味わいをお好みの量に盛り、磯の香たっぷりの「磯のりのみそ汁」と一緒にどうぞ。

蔵内AS

写真:蔵内ASの風景

気仙沼市最後のASは、目の前に青い海が広がる漁港にある。食事は道の駅・大谷海岸で人気の「カボチャまんじゅう」に、温かいワカメ汁がつく。まんじゅうは地元の漁協女性部のみなさんが丹精込めて作る昔懐かしい味。

運営団体

  • 宮城県漁業協同組合大谷本吉支所女性部
    おばちゃん倶楽部、海の駅よりみち

蔵内ASで提供されるエイド食

写真:カボチャまんじゅう、ワカメ汁
カボチャまんじゅう、ワカメ汁

地元の女性たちが一個一個心を込めて作る「カボチャまんじゅう」は、近くの海の駅・大谷海岸で販売されており、いつも午前中で売り切れる。「ワカメ汁」と一緒に提供される。

ホテル観洋AS

写真:ホテル観洋ASの風景

南三陸ホテル観洋前に設置されるASでは、おなじみの「フカヒレスープ」がライダーを迎える。東日本大震災でホテルも被災。それでも震災直後から復興の活動拠点として機能した。ホテルからは志津川湾を一望できるので、ぜひ立寄りたい。

運営団体

  • 株式会社阿部長商店 南三陸ホテル観洋

ホテル観洋ASで提供されるエイド食

写真:フカヒレスープ
フカヒレスープ

フカヒレの独特な食感と、海のエキスが十分に染み込んだスープを熱々のまま味わえる。高台から見える海の絶景と一緒に堪能したい。

北上AS

写真:北上ASの風景

北上川沿いの白浜ビーチパークのアーチ看板そばにある北上AS。今年は初めてワカメ入り玄米クッキー&玄米ポン菓子がライダーに提供されます。雄大な北上川を見ながら、最後まで安全走行でゴールを目指したい。

運営団体

  • 大内産業

北上ASで提供されるエイド食

写真:うにめかぶ
うにめかぶ

メカブは三陸特産ワカメの根元部分の厚く折り重なったひだ状の部分。細切りカットした味つきメカブに蒸しウニをトッピング。食物繊維とミネラルが豊富で、酒の肴にご飯のお供に最適な一品。

南三陸フォンド

南三陸フォンドのコースマップ

女川AS

写真:女川ASの風景

2015年3月21日、東日本大震災から4年ぶりにJR石巻線が全面復旧、女川駅も再建された。今年も地元の女性たちが作る「女川汁(サンマのすり身汁)」が、朝早く出発したライダーの胃袋を温めてくれる。

女川ASで提供されるエイド食

写真:女川汁(サンマのすり身汁)
女川汁(サンマのすり身汁)

全国有数のサンマの水揚げを誇る女川町。そのサンマのすり身団子が入った女川汁。立ち寄ったキャロライン・ケネディ駐日米大使も絶賛した味。

雄勝AS

写真:雄勝ASの風景

県道の付け替え工事のため移設された仮設商店街「おがつ店(たな)こ屋街」敷地内に設置。おなじみの新鮮なホタテは、移設しても変わらずにライダーたちを待っている。

運営団体

  • 特定非営利活動法人雄勝まちづくり協会
  • 石巻雄勝地区復興応援隊
  • おがつ店こ屋街共栄会

雄勝ASで提供されるエイド食

写真:ホタテ焼き
ホタテ焼き

ホタテを焼き台で豪快に殻ごと焼く様子は、雄勝ASの名物となっている。

神割崎AS

写真:神割崎ASの風景

石巻市と南三陸町にまたがる美しい景勝地。ASが設置される駐車場近くのキャンプ場など、一帯は公園として整備されている。食事は「南三陸かあちゃんむすび」(軽食)と「南三陸シーフードカレー」(昼食)が振る舞われる。

運営団体

  • 宮城県漁業協同組合志津川支所

神割崎ASで提供されるエイド食

写真:南三陸かあちゃんむすび
南三陸かあちゃんむすび

南三陸町産のひじき・わかめのまぜご飯の中に大きな紅鮭が入った、地元のおかあさんたちの愛情たっぷりの海鮮おにぎり。どちらか1個選べます。

歌津AS

写真:歌津ASの風景
提供:南三陸町

2011年12月に開設した「伊里前福幸商店街」を引き継ぎ、16年2月、「南三陸ハマーレ歌津」としてオープンした。商店街があるのは海抜7メートルにかさ上げした伊里前地区の中心市街地で飲食、衣料品など8店舗が入る。

運営団体

  • 南三陸町観光協会
  • 南三陸商工会
  • 南三陸町復興推進ネットワーク

歌津ASで提供されるエイド食

写真:南三陸シーフードカレー
南三陸シーフードカレー

「西の明石、東の志津川」と言われるほど有名な南三陸のタコが入ったシーフードカレー。毎年ライダーから大好評の南三陸のグルメをご賞味ください。

蔵内AS

写真:蔵内ASの風景

気仙沼市最後のASは、目の前に青い海が広がる漁港にある。食事は道の駅・大谷海岸で人気の「カボチャまんじゅう」に、温かいワカメ汁がつく。まんじゅうは地元の漁協女性部のみなさんが丹精込めて作る昔懐かしい味。

運営団体

  • 宮城県漁業協同組合大谷本吉支所女性部
    おばちゃん倶楽部、海の駅よりみち

蔵内ASで提供されるエイド食

写真:カボチャまんじゅう、ワカメ汁
カボチャまんじゅう、ワカメ汁

地元の女性たちが一個一個心を込めて作る「カボチャまんじゅう」は、近くの海の駅・大谷海岸で販売されており、いつも午前中で売り切れる。「ワカメ汁」と一緒に提供される。

ホテル観洋AS

写真:ホテル観洋ASの風景

南三陸ホテル観洋前に設置されるASでは、おなじみの「フカヒレスープ」がライダーを迎える。東日本大震災でホテルも被災。それでも震災直後から復興の活動拠点として機能した。ホテルからは志津川湾を一望できるので、ぜひ立寄りたい。

運営団体

  • 株式会社阿部長商店 南三陸ホテル観洋

ホテル観洋ASで提供されるエイド食

写真:フカヒレスープ
フカヒレスープ

フカヒレの独特な食感と、海のエキスが十分に染み込んだスープを熱々のまま味わえる。高台から見える海の絶景と一緒に堪能したい。

北上AS

写真:北上ASの風景

北上川沿いの白浜ビーチパークのアーチ看板そばにある北上AS。今年は初めてワカメ入り玄米クッキー&玄米ポン菓子がライダーに提供されます。雄大な北上川を見ながら、最後まで安全走行でゴールを目指したい。

運営団体

  • 大内産業

北上ASで提供されるエイド食

写真:うにめかぶ
うにめかぶ

メカブは三陸特産ワカメの根元部分の厚く折り重なったひだ状の部分。細切りカットした味つきメカブに蒸しウニをトッピング。食物繊維とミネラルが豊富で、酒の肴にご飯のお供に最適な一品。

北上フォンド

北上フォンドのコースマップ

女川AS

写真:女川ASの風景

2015年3月21日、東日本大震災から4年ぶりにJR石巻線が全面復旧、女川駅も再建された。今年も地元の女性たちが作る「女川汁(サンマのすり身汁)」が、朝早く出発したライダーの胃袋を温めてくれる。

女川ASで提供されるエイド食

写真:女川汁(サンマのすり身汁)
女川汁(サンマのすり身汁)

全国有数のサンマの水揚げを誇る女川町。そのサンマのすり身団子が入った女川汁。立ち寄ったキャロライン・ケネディ駐日米大使も絶賛した味。

雄勝AS

写真:雄勝ASの風景

県道の付け替え工事のため移設された仮設商店街「おがつ店(たな)こ屋街」敷地内に設置。おなじみの新鮮なホタテは、移設しても変わらずにライダーたちを待っている。

運営団体

  • 特定非営利活動法人雄勝まちづくり協会
  • 石巻雄勝地区復興応援隊
  • おがつ店こ屋街共栄会

雄勝ASで提供されるエイド食

写真:ホタテ焼き
ホタテ焼き

ホタテを焼き台で豪快に殻ごと焼く様子は、雄勝ASの名物となっている。

神割崎AS

写真:神割崎ASの風景

石巻市と南三陸町にまたがる美しい景勝地。ASが設置される駐車場近くのキャンプ場など、一帯は公園として整備されている。食事は「南三陸かあちゃんむすび」(軽食)と「南三陸シーフードカレー」(昼食)が振る舞われる。

運営団体

  • 宮城県漁業協同組合志津川支所

神割崎ASで提供されるエイド食

写真:南三陸シーフードカレー
南三陸シーフードカレー

「西の明石、東の志津川」と言われるほど有名な南三陸のタコが入ったシーフードカレー。毎年ライダーから大好評の南三陸のグルメをご賞味ください。

北上AS

写真:北上ASの風景

北上川沿いの白浜ビーチパークのアーチ看板そばにある北上AS。今年は初めてワカメ入り玄米クッキー&玄米ポン菓子がライダーに提供されます。雄大な北上川を見ながら、最後まで安全走行でゴールを目指したい。

運営団体

  • 大内産業

北上ASで提供されるエイド食

写真:うにめかぶ
うにめかぶ

メカブは三陸特産ワカメの根元部分の厚く折り重なったひだ状の部分。細切りカットした味つきメカブに蒸しウニをトッピング。食物繊維とミネラルが豊富で、酒の肴にご飯のお供に最適な一品。

女川・雄勝フォンド

女川・雄勝フォンドのコースマップ

女川AS

写真:女川ASの風景

2015年3月21日、東日本大震災から4年ぶりにJR石巻線が全面復旧、女川駅も再建された。今年も地元の女性たちが作る「女川汁(サンマのすり身汁)」が、朝早く出発したライダーの胃袋を温めてくれる。

女川ASで提供されるエイド食

写真:女川汁(サンマのすり身汁)
女川汁(サンマのすり身汁)

全国有数のサンマの水揚げを誇る女川町。そのサンマのすり身団子が入った女川汁。立ち寄ったキャロライン・ケネディ駐日米大使も絶賛した味。

雄勝AS

写真:雄勝ASの風景

県道の付け替え工事のため移設された仮設商店街「おがつ店(たな)こ屋街」敷地内に設置。おなじみの新鮮なホタテは、移設しても変わらずにライダーたちを待っている。

運営団体

  • 特定非営利活動法人雄勝まちづくり協会
  • 石巻雄勝地区復興応援隊
  • おがつ店こ屋街共栄会

雄勝ASで提供されるエイド食

写真:ホタテ焼き
ホタテ焼き

ホタテを焼き台で豪快に殻ごと焼く様子は、雄勝ASの名物となっている。

写真:銀鮭むすび・塩むすび
写真:アフロ
銀鮭むすび・塩むすび

宮城県沿岸で水揚げが盛んな銀鮭。地元のおかあさんたちが丹精こめて握った銀鮭入りおにぎりと、塩むすびをセットで提供します。

河北ASで提供されるエイド食

写真:河北ASの風景

北上川沿いにある住宅地の中にある河北ASでは、女川・雄勝フォンド(65km)のライダーのみに「平椀(ひらわん)」を提供する。濃い目の味付けの精進料理で、ライダーの疲れを癒やしてくれる。

運営団体

  • 河北まちづくり研究会

提供されるメニュー

写真:平椀
平椀

平椀(ひらわん)は石巻地方で「ひら」と呼ばれる精進料理。クルミ豆腐にタケノコとシイタケにあんがかかっている。疲れたライダー用に濃いめの味付け。

気仙沼ワンウェイフォンド

気仙沼ワンウェイフォンドのコースマップ

大谷海岸AS

写真:大谷海岸ASの風景

東日本大震災前は「日本一海水浴場に近い駅」として親しまれ、現在は道の駅として営業。2015年はケネディ駐日米大使が献花された。食事は「ホタテ炊き込みご飯&磯のりのみそ汁」(昼食)か、クリームサンド&いちごシャーベット。

運営団体

  • 株式会社本吉町産業振興公社

大谷海岸ASで提供されるエイド食

写真:クリームサンド、いちごシャーベット
クリームサンド
いちごシャーベット

クリームサンドは昭和28年生まれの気仙沼地方のおやつの定番。コッペパンに程良い甘さのピーナツクリームが詰まってます。地元産いちごのシャーベットと一緒にどうぞ

蔵内AS

写真:蔵内ASの風景

気仙沼市最後のASは、目の前に青い海が広がる漁港にある。食事は道の駅・大谷海岸で人気の「カボチャまんじゅう」に、温かいワカメ汁がつく。まんじゅうは地元の漁協女性部のみなさんが丹精込めて作る昔懐かしい味。

運営団体

  • 宮城県漁業協同組合大谷本吉支所女性部
    おばちゃん倶楽部、海の駅よりみち

蔵内ASで提供されるエイド食

写真:カボチャまんじゅう、ワカメ汁
カボチャまんじゅう、ワカメ汁

地元の女性たちが一個一個心を込めて作る「カボチャまんじゅう」は、近くの海の駅・大谷海岸で販売されており、いつも午前中で売り切れる。「ワカメ汁」と一緒に提供される。

ホテル観洋AS

写真:ホテル観洋ASの風景

南三陸ホテル観洋前に設置されるASでは、おなじみの「フカヒレスープ」がライダーを迎える。東日本大震災でホテルも被災。それでも震災直後から復興の活動拠点として機能した。ホテルからは志津川湾を一望できるので、ぜひ立寄りたい。

運営団体

  • 株式会社阿部長商店 南三陸ホテル観洋

ホテル観洋ASで提供されるエイド食

写真:フカヒレスープ
フカヒレスープ

フカヒレの独特な食感と、海のエキスが十分に染み込んだスープを熱々のまま味わえる。高台から見える海の絶景と一緒に堪能したい。

神割崎AS

写真:神割崎ASの風景

石巻市と南三陸町にまたがる美しい景勝地。ASが設置される駐車場近くのキャンプ場など、一帯は公園として整備されている。食事は「南三陸かあちゃんむすび」(軽食)と「南三陸シーフードカレー」(昼食)が振る舞われる。

運営団体

  • 宮城県漁業協同組合志津川支所

神割崎ASで提供されるエイド食

写真:南三陸シーフードカレー
南三陸シーフードカレー

「西の明石、東の志津川」と言われるほど有名な南三陸のタコが入ったシーフードカレー。毎年ライダーから大好評の南三陸のグルメをご賞味ください。

北上AS

写真:北上ASの風景

北上川沿いの白浜ビーチパークのアーチ看板そばにある北上AS。今年は初めてワカメ入り玄米クッキー&玄米ポン菓子がライダーに提供されます。雄大な北上川を見ながら、最後まで安全走行でゴールを目指したい。

運営団体

  • 大内産業

北上ASで提供されるエイド食

写真:うにめかぶ
うにめかぶ

メカブは三陸特産ワカメの根元部分の厚く折り重なったひだ状の部分。細切りカットした味つきメカブに蒸しウニをトッピング。食物繊維とミネラルが豊富で、酒の肴にご飯のお供に最適な一品。

南三陸ワンウェイフォンド

南三陸ワンウェイフォンドのコースマップ

神割崎AS

写真:神割崎ASの風景

石巻市と南三陸町にまたがる美しい景勝地。ASが設置される駐車場近くのキャンプ場など、一帯は公園として整備されている。食事は「南三陸かあちゃんむすび」(軽食)と「南三陸シーフードカレー」(昼食)が振る舞われる。

運営団体

  • 宮城県漁業協同組合志津川支所

神割崎ASで提供されるエイド食

写真:南三陸シーフードカレー
南三陸シーフードカレー

「西の明石、東の志津川」と言われるほど有名な南三陸のタコが入ったシーフードカレー。毎年ライダーから大好評の南三陸のグルメをご賞味ください。

北上AS

写真:北上ASの風景

北上川沿いの白浜ビーチパークのアーチ看板そばにある北上AS。今年は初めてワカメ入り玄米クッキー&玄米ポン菓子がライダーに提供されます。雄大な北上川を見ながら、最後まで安全走行でゴールを目指したい。

運営団体

  • 大内産業

北上ASで提供されるエイド食

写真:うにめかぶ
うにめかぶ

メカブは三陸特産ワカメの根元部分の厚く折り重なったひだ状の部分。細切りカットした味つきメカブに蒸しウニをトッピング。食物繊維とミネラルが豊富で、酒の肴にご飯のお供に最適な一品。