大会情報

ツール・ド・東北 フレンズ

広報大使

道端カレン

道端カレンさんの顔写真

3.11、東京でも大きな揺れがおき、翌日テレビに映し出された津波に襲われた町。
そこにあるべきものが全て流されてしまったその姿にテレビの前で固まりました。
原子力発電所のことで不安になったり、日本がこの先どうなってしまうのかと自分も周りもパニックになったりしていたと思います。
今、8年がたち、少しずつ戻る町のかたちや人の笑顔がある中で、二度と戻らないものもあるということを、これから先も決して忘れることなく生きていかなくてはと思います。

プロフィール

モデル1979年アルゼンチン生まれ。福井県出身。
母親が日本、父親がアルゼンチン国籍を持つスペイン人&イタリア人のハーフ。
道端3姉妹の長女で、次女ジェシカ、三女のアンジェリカとともに多くの女性から支持を得ている。
10代でモデルデビューし、現在は雑誌、テレビやトークショー、商品プロデュースなど幅広く活躍。
プライベートでは2人の男の子のママでもあり、近年はトライアスロンに挑戦し、好成績を収めている。

東北応援大使

谷真海

谷真海さんの顔写真

今年も「ツール・ド・東北」の開催、おめでとうございます。
「ツール・ド・東北」は楽しみながら東北の今をしっかりと感じられる素晴らしい機会です!
コースは初心者の方から、しっかり苦しみたい方まで(笑)満足度がとても高く、リピーターも多いのが特徴の大会です。
エイドステーションで地元のおかあさんたちが振舞って下さる地元食材を使った手料理も魅力の一つ。
全国から集まる参加者の皆さんには、三陸の美しい景色、復興のいま、そして温かいおもてなしを持ち帰っていただけたらと思います。

プロフィール

サントリーホールディングス株式会社 コーポレートサステナビリティ推進本部 CSR推進部 /パラリンピアン1982年宮城県気仙沼市出身。
早稲田大学在学中骨肉種を発症し、義足となり、リハビリとともに陸上競技をはじめる。
現在、サントリーホールディングス株式会社CSR推進部勤務。担当業務は次世代育成支援および東北復興支援活動。
自らの体験をベースとした出張授業、ワークショップなどを実施。
大学院で海外のパラリンピック環境について研究したことなども生かして、パラリンピック普及のための活動を積極的に行う。
走り幅跳びで3大会連続パラリンピック出場、2016年からトライアスロンに転向し、東京パラリンピック出場を目指す。

中西哲生

中西哲生さんの顔写真

今年も「東北応援大使」として、「ツール・ド・東北」に参加させていただきます。
昨年は南三陸ワンウェイフォンドを、三陸沿岸の素晴らしい景色や復興の様子を見ながら走らせていただきました。
今年も、エイドステーションでおいしいものをいただき、地元の皆さんと交流することができるこのイベントを楽しみにしています。
引き続き、この大会が東北のサイクルツーリズムを推し進め、復興の後押しとなるよう、応援していきます。
よろしくお願いいたします。

プロフィール

スポーツジャーナリスト1969年愛知県生まれ。
1992年、同志社大学経済学部卒業後、名古屋グランパスエイトに入団。
1995年シーズンには、アーセン・ベンゲル監督の下で天皇杯制覇。
1997年、川崎フロンターレに移籍。1999年にはキャプテンとして、チームのJ2優勝・J1昇格に貢献する。
2000年いっぱいで、現役引退。
引退後は、スポーツジャーナリストとして活動を開始。
TBS「サンデーモーニング」、テレビ朝日「Get Sports」などのテレビ番組でコメンテーターを務めるほか、全国でサッカー教室を開催する。
同志社大学サッカー部テクニカルディレクター。

Special Thanks

くるり

くるりの写真

自転車に乗っているときに見える景色は他の乗り物の車窓からの景色とは少し違います。
自分の力で進み、自分のスピードで、自分の目や鼻や肌で空気を感じられます。「ツール・ド・東北」は東北を、精一杯味わい、また思い出すことのできるイベントだと思います。
そんな素敵なイベントをくるりの音楽で応援できることはとても幸せです。

佐藤 征史(くるり)

プロフィール

ロックバンド
くるり / Quruli
1996年、京都市北区にある立命館大学の音楽サークル「ロック・コミューン」で結成。
古今東西さまざまな音楽に影響されながら、旅を続けるロックバンド。
岸田繁(Vocal, Guitar)、佐藤征史(Bass)、ファンファン(Trumpet)。

「忘れないように」(2018)ツール・ド・東北 2018・2019テーマソング

トータルテンボス

トータルテンボスさんの顔写真

今回、初めて「ツール・ド・東北」に関わらせていただくことになり、とても光栄に思い、2人で喜びを分かち合いました。
仙台では過去5年間テレビ番組をやらせてもらっており、ラジオに関しては今年で13年目に突入します。
この、とてもゆかりのある東北の地で、ライダーの皆様と交流し、一緒に汗をかきながら、ともに復興への道のりを走りたいです。

プロフィール

お笑い芸人
爆笑オンエアバトル3回連続チャンピオン
M-1グランプリ2007準優勝
写真左より、
藤田憲右(1975年12月30日静岡県生まれ)
大村朋宏(1975年4月3日静岡県生まれ)
TBCラジオ「トータルテンボスのぬきさしならナイト!」13年目に突入。

羽生結弦

羽生結弦さんの顔写真

2018年の平昌五輪では金メダルを獲得し、五輪2連覇を達成できました。2019年の世界選手権は優勝はなりませんでしたが、銀メダルを取りました。
多くの方々からたくさんの応援をいただいたおかげです。被災地の皆さんが笑顔になるきっかけになれたとしたら、うれしいです。
その被災地を舞台にした「ツール・ド・東北」は早くも今年で7回目ですね。僕の地元仙台を走るコースは今回も開催されるそうで楽しみです。僕は今年も「ツール・ド・東北フレンズ」として大会を応援します。
震災から8年が過ぎても復興は道半ばだと思いますが、全国から大勢のライダーが参加して被災地を走り、地元の方々と交流することが励みになるよう祈っています。みなさん、今年も力を合わせて大会を盛り上げましょう。

プロフィール

フィギュアスケーター1994年仙台市生まれ。4歳でフィギュアスケートを始め、2010年の世界ジュニア選手権で優勝。2014年のソチ五輪で日本男子初の金メダルを獲得。同年12月のGPファイナルでも日本人初の連覇。2017年世界選手権で2度目の優勝。2018年平昌五輪でも金メダル獲得し、66年ぶりの連覇を記録した。2019年世界選手権は2位。宮城・東北高卒。ANA所属。

パンサー

パンサーさんの顔写真

「ツール・ド・東北 フレンズ」に任命いただきました。
昨年も楽しい時間を過ごさせていただき、今年もまた参加させていただけること大変うれしく思っています!
尾形のふるさとである東松島の素晴らしい自然の中を駆け抜け、気持ちの良い汗を流し、地元の皆さんと交流できることを楽しみにしています!
また「ツール・ド・東北」を通じてさらなる復興の力になれるよう、「東松島応"縁"団」として応援していきます! サンキューーーーー!!

プロフィール

お笑い芸人写真左より、
菅良太郎(1982年4月7日東京都生まれ)
向井慧(1985年12月16日愛知県生まれ)
尾形貴弘(1977年4月27日宮城県生まれ)
2008年パンサー結成。
宮城県東松島市出身の尾形は「東松島ふるさと復興大使」を務めている。

Sir Paul Smith / サー・ポール・スミス

サー・ポール・スミスさんの顔写真

2017年に続き、ツール・ド・東北 2019に、オフィシャル・サイクルジャージのデザインを通して参加できることを大変光栄に思います。ツール・ド・東北は私たちのサイクリングへの情熱でもあり、東北の方への敬意の気持ちでもあります。参加する皆様が素晴らしいひと時を過ごし、地域の発展や繁栄に繋がってゆくことを心から願っています。

プロフィール

ファッションデザイナー幼少期よりプロのロードレーサーを目指すも事故に遭い、その夢を断念。その後、ファッションやアートに親しみ、人生のパートナーとなるポーリーン・デニア氏と小さな店を開きデザイナーとしてのキャリアをスタート。「ポール・スミス」が約70の国と地域で展開する世界的なブランドへと成長を遂げた今も、趣味でサイクリングを楽しみ、サイクリングウェアや自転車のデザインを通じて自転車に携わっている。親日家としても有名。

大会オフィシャルアドバイザー

安藤隼人

安藤隼人さんの顔写真

初回から3年連続で最長コースを走りました。近年は、スタート前のヘルメットチェックや参加者同士の交流を深めるコミュニケーションアクティビティをさせていただいております。
去年は秋にプライベートでも松島を訪れて震災を三世代で考えました。
今年も3,700名の皆様をスタート地点で笑顔で送り出したいと思います!

プロフィール

アンディコーチ
株式会社スマートコーチング代表

新宿区四谷のスタジオにて、トップアスリートからホビーサイクリスト・トライアスリートまで、クライアントの幅広い目的に応じてコーチングを行うプロコーチ。
スタジオプログラムだけでなく、自転車事故に特化したファーストエイドイベントや自動車学校を使ったサイクルスクールも主宰。安全を最優先に楽しい自転車指導が人気。
サイクルツーリズム、サイクリングイベントゲストなど多岐に渡り活躍中。

白戸太朗

白戸太朗さんの顔写真

8年前の記憶。
自然の力に畏怖の念を抱いた方も多いでしょう。
自然には勝てない。自然に生かしてもらう。
そんな自然の厳しさと、美しさ、豊かさを感じさせてくれるこの地を自分の脚で走る。
だから、今年も全身で東北を感じに行きます。
そんな貴重な体験を、ぜひご一緒しましょう!

プロフィール

アスロニア代表/スポーツナビゲータープロトライアスリート、アドベンチャーレーサーとして世界を舞台に活躍。 現在は選手活動のほか、スポーツ中継や、スポーツイベントのプロデュースを手がけるほか、スクール主宰、講演、セミナーなどスポーツナビゲーターとして活動。トライアスロン普及のために(株)アスロニアを設立、代表を務める。2017年より東京都議会議員。

田代恭崇

田代恭崇さんの顔写真

第1回から「ツール・ド・東北」に関わらせていただいており、毎年復興の今を見てきました。今年はフォンドを走ります。サイクリングを楽しみ、地元の方と触れ合い、東北の今をしっかり感じたいと思います。

プロフィール

プロロードレーサーにして2004年アテネ五輪代表
現リンケージサイクリング株式会社 代表

2000年「ツール・ド・東北」総合優勝、2001年、2004年全日本選手権優勝、2007年現役引退。
2013年8月“チーム・トーゲ”のエースとして「世界で最も過酷で最も登る」アマチュア山岳ステージレース、オートルート・アルプスに参戦、初参加ながら19位の快挙。
2014年リンケージサイクリング株式会社を創業。
サイクリングでつながる。ひろがる。をコンセプトにサイクリングイベントやスクールなどのサイクルツーリズム事業を展開する。

宮澤崇史

宮澤崇史さんの顔写真

白血病と闘うサイクリストと出会ったのは昨年の春。彼の目標は「ツール・ド・東北」を走ることでした。しかし私と東北を一緒に走る約束を果たせぬまま、彼は人生の幕を閉じました。私が彼のためにすべきことは、彼と同じく全国にいるであろう病や怪我に苦しむサイクリストの皆さんに「ツール・ド・東北」を共に走ることを呼びかけ、震災から復興を遂げた東北のように、その復活を祈りながら走り、励まし続けることだと思っています。

プロフィール

元プロロードレーサー
現リオモ・ベルマーレ レーシングチーム監督
1978年生まれ。長野県出身。父親を早くに亡くし、女手一つで生活を支えてきた母親の支援を受けて高校から自転車競技を本格的に始める。卒業後にイタリアへ渡り、海外でのレース活動を開始。23歳の時、生体移植で肝臓の半分を母親に提供。アジア選手権優勝、北京オリンピック出場、全日本選手権優勝。18年間のレース活動を経て2014年に引退。現在は選手育成、レース解説など自転車界での仕事の他、チャリティ活動、食文化、教育・医療分野での講演活動に従事。

メンバーズ

浅田顕

浅田顕さんの顔写真

自転車というスポーツを通じて少しでも何かの役に立ちたいと思う中、毎年開催される「ツール・ド・東北」の趣旨や参加される方々の思いに共感し、今年も「ツール・ド・東北 フレンズ」に立候補させていただきました。当日は世界選手権参加のため、残念ながらライドには参加ができませんが、今年も皆様が笑顔で「ツール・ド・東北」を楽しめます様、心から応援しております。

プロフィール

ロードレース日本代表チーム監督 / エキップアサダ代表テレビで見たツール・ド・フランスに刺激され、中学卒業と同時にロードレースを真剣に始める。
高校卒業後は実業団チームでの活動を経験後、欧州自転車留学と4年間のプロチーム契約をへてロードレースの監督業をスタート。
現在は日本代表チームや自ら主宰するU23以下の強化チームを率い世界を転戦している。
日本のチームでツール・ド・フランスに出場することが生涯の目標。

竹谷賢二

竹谷賢二さんの顔写真

走って、見て、話して、感じて、東北の今を、自分の五感で目一杯体感してください!

プロフィール

スペシャライズド契約アドバイザー/株式会社エンデュアライフ代表
フルタイムワーカーとして働きながら2000年にMTB全日本選手権初優勝。
プロライダーに転向後も3度全日本選手権を制する。
MTBクロスカントリー日本代表としてアテネオリンピック出場。2002年釜山アジア大会、2004年MTBアジア選手権大会優勝。
MTBプロライダーを引退後は、スポーツバイク・アドバイザーとして活動し、スポーツバイクの適切な普及と発展に携わる。
また、著作の「バイシクルトレーニングブック」「バイシクルライディングブック」「ロードバイクの作法」や、現在放送中の自転車情報番組「チャリダー★快汗!サイクルクリニック」(NHK BS1)で適切な乗り方をわかりやすく伝えている。
2012年からは本格的にトライアスロンに参戦し、プロに肉薄するパフォーマンスを発揮、世界最高峰大会であるIronman World Championshipに7年連続出場中。

疋田 智

疋田 智さんの顔写真

震災から8年が経過し、少しずつ東北の風景は変わりつつあります。
自転車で東北を走る事は、あの日を忘れないための大きな経験となります。
2017年5月自転車活用推進法が施行され、エコで災害時において機動的な自転車の社会への要請はますます強まってきています。
本イベントを通じて、東北へ自転車文化が浸透する事を願っています。

プロフィール

自転車ツーキニスト
NPO自転車活用推進研究会理事
東京大学大学院工学系研究科 都市交通研究室在籍
通勤はもちろんのこと、生活のすべてに自転車を使う「自転車ツーキニスト」。
学習院大学生涯学習センター非常勤講師。
東京サイクルデザイン専門学校非常勤講師。
「だって、自転車しかないじゃない」「自転車生活の愉しみ」(朝日文庫)「ものぐさ自転車の悦楽」(マガジンハウス)など、自転車と都市交通に関する著書多数。

藤野智一

藤野智一さんの顔写真

「第一回大会よりツール・ド・東北を応援しています。」
震災後に参加したコースや風景も大きく変わり、毎年東北の今を肌で感じながら、
「ツール・ド・東北」に参加される大勢の皆さんを応援しながら、
地元の皆さんにも応援をされていた!心温まる大会を今年も応援しています!

プロフィール

バルセロナ五輪・ロードレース日本代表/なるしまフレンド神宮店店長
1967年1月25日生まれ。東京都国分寺市出身。
家業の理容師として働きながら、初めて参加した自転車のロードレースで優勝。
これがきっかけで本格的にレース参加を決意。仕事を辞め「なるしまフレンド」でアルバイトしながら、ロードレースに参加。
オリンピック出場、1998年、1999年全日本ロードレースチャンピオンとなる。
ブリヂストンアンカーの選手、監督を務め、2012年「なるしまフレンド」に入社。
自転車の乗り方、楽しみ方をより多くの方に伝えるイベントの参加と企画を提案しています。
日本スポーツ協会公認自転車競技コーチ
RETUL FIT公認フィッター

ブラッキー中島

ブラッキー中島さんの顔写真

自転車に乗る、乗らないにかかわらず、自転車を通じてできることはいっぱいあります!「ツール・ド・東北」で知り合った人たちの輪がどんどん広がっていくことで、それが被災地の力となっていく。そんなイベントになるように頑張りたいと思います。

プロフィール

ウィーラースクールジャパン、CYCLE SEEDS代表 京都出身。
「ひとりでも多くの子供たちに自転車に乗る楽しみを」を合言葉に、全国で活動を行う子ども自転車教室ウィーラースクールジャパンを運営。
その他、自転車による地域振興にも力を入れている。

古田敦也

古田敦也さんの顔写真

昨年は「奥松島グループライド&ハイキング」に参加し、復興への確かなあゆみを実感することができました。
途中のエイドステーションで振る舞われる東北の幸を堪能し、地元の方の応援に元気づけられながら走ることができました。
順位やタイムを競うものではなく、多くの仲間と楽しめるサイクルイベントなのも良いですね。
震災から8年が経過しましたが、引き続き皆さんと一緒に東北を応援していきたいと思います!

プロフィール

スポーツキャスター1965年8月6日生まれ。兵庫県川西市出身。
ソウル五輪銀メダル(88年・アマチュア)、MVP(93年、97年)、首位打者(91年)、正力松太郎賞(97年)、ベストナイン(91年~93年、95年、97年、99年~01年、04年)、ゴールデングラブ(90年~93年、95年、97年、99年~01年、04年)、日本シリーズMVP(97年、01年)、2000本安打達成(05年4月24日松山。対広島戦)、野球殿堂入り(15年)

別府始

別府始さんの顔写真

サイクリストとして一度は走りたい、走ってもらいたいツール・ド・東北。今年もまた東北の地を満喫させてくれ、東日本大震災のことを改めて思い返すこのイベントに、フレンズとして関わらせて頂けて本当に光栄に思っています。今年もみなさんと一緒に楽しんで走れたらと思っています!

プロフィール

スポーツジャーナリスト1977年9月19日神奈川県茅ヶ崎市出身生まれ
スポーツジャーナリスト。DAZN自転車ロードレース中継の解説者。そのほか、実弟のプロサイクリスト別府史之選手(トレック・セガフレード)のマネージメントやちがさきVELO FESTIVAL総合プロデューサーなど、自転車ロードレースを取り巻く様々なシーンで活躍。有限会社ブルーフォート (BLUEFORT Inc.)代表。 http://www.bluefort.co.jp/

別府史之

別府史之さんの顔写真

2013年からスタートしたツール・ド・東北も今年で7回目。初回と2016年に現地を走ることができ、震災からの復興を目の当たりにして、力を貰いました。レースのスケジュールで今年も参加できませんが、またいつか皆さんと一緒に東北を走れることを楽しみにしています。

プロフィール

プロサイクリストトレック・セガフレード所属
1983年4月10日神奈川県茅ヶ崎市生まれ
05年UCIプロ入り。08年アジアチャンピオンを獲得し、北京オリンピック出場。09年日本人として13年ぶりとなるツール・ド・フランス出場し、第21ステージで敢闘賞獲得。同時に日本人初の完走を果たす。11年日本人初のモニュメント(五大クラシック)完走を達成。同年ジロ・デ・イタリアに初出場し完走、第10ステージでは区間フーガ賞獲得。12年ロンドン・オリンピック出場。16年ブエルタ・ア・エスパーニャを完走し、グランツール(世界三大ツール)で全完走を果す。2018年アジア大会では自転車個人ロード銀メダル、個人TT銅メダル。

(50音順)

プラチナパートナー

  • サントリーホールディングス株式会社
  • ソフトバンク株式会社

パートナー一覧

ゴールドパートナー

  • 三菱商事株式会社
  • 花王株式会社
  • 株式会社SUBARU
  • パナソニック株式会社
  • ロート製薬株式会社
  • Zコーポレーション株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社
  • LOHACO by ASKUL
  • 株式会社ジェーシービー
  • 株式会社セールスフォース・ドットコム
  • 株式会社Tポイント・ジャパン

パートナー一覧

このページの先頭へ戻る このページの先頭へ戻る