コース情報

「仙台発奥松島グループライド」エイド情報

仙台発奥松島グループライドのコースマップ
「AS」はエイドステーションの略です。

昨年開設した仙台市からチャーター船も利用して、石巻専修大学を目指すグループライドを今年も開催します。今回はスタート地点が仙台市中心部の河北新報社に変わるほか、仙台市が整備を進めるかさ上げ道路「東部復興道路」も特別に走行します。

提供されるエイド食と見どころ

東部復興道路

写真:東部復興道路の風景
東部復興道路

仙台市の津波被災エリアを南北に縦断する約10kmで、約6メートルの高さまで盛土しました。市の震災復興計画で津波への多重防御の要となっています。開通前の今大会に限り走行します。

荒浜AS

写真:震災遺構「荒浜小」の風景
震災遺構「荒浜小」

震災遺構「荒浜小」は震災の津波で4階建て校舎の1、2階が浸水しました。当時、児童や住民計320人が屋上に避難し、全員救助されました。2017年4月から一般公開されています。

荒浜ASで提供されるエイド食

写真:萩の月(はぎのつき)
萩の月(はぎのつき)

仙台の銘菓「萩の月」を提供します。ふんわりまろやかなおいしさに、思わず笑みがこぼれます。

第二芭蕉丸

写真:第二芭蕉丸
第二芭蕉丸

塩釜港から松島湾を巡る遊覧船として運航しています。定員300人。大会では奥松島へ渡るチャーター船です。

奥松島AS

写真:あおみなの風景
あおみな

大高森の登山口と嵯峨渓遊覧船の発着所の前にある多目的施設「あおみな」を利用。カキ焼き施設や足湯があります。

奥松島ASで提供されるエイド食

写真:サラダのりうどん
サラダのりうどん

海苔(のり)を粉末状にして、生地にねりこんだうどん。海苔の風味たっぷりの香りと食感が人気です。

震災復興伝承館

写真:震災復興伝承館
震災復興伝承館

震災の津波で被災した旧JR野蒜(のびる)駅舎を改修しました。写真や映像などで、当時の被害状況や復興の歩みを学ぶことができます。

東松島AS

写真:やもと四季菜館
やもと四季菜館

施設は東松島市大塩地区にある、JAいしのまきの産直店「やもと四季菜館」を使用。地場産の野菜や花、手作りの農産加工品などが並びます。

東松島ASで提供されるエイド食

写真:味噌(みそ)おにぎり
提供:東松島市
味噌(みそ)おにぎり

地場産の味噌やお米で、JAいしのまき女性部のメンバーが真心こめてつくります。

写真:ミネストローネスープ
提供:東松島市
ミネストローネスープ

震災後、東松島市内で栽培が盛んになったトマトをベースに、地元産の野菜をたっぷり使っています。

コースマップの一覧

プラチナパートナー

  • サントリーホールディングス株式会社
  • ソフトバンク株式会社

パートナー一覧

ゴールドパートナー

  • 株式会社ジェーシービー
  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社
  • 三菱商事株式会社
  • 株式会社セールスフォース・ドットコム
  • 株式会社みずほ銀行
  • LOHACO by ASKUL
  • Zコーポレーション株式会社
  • 株式会社Tポイント・ジャパン
  • 花王株式会社
  • 株式会社SUBARU
  • ロート製薬株式会社
  • パナソニック株式会社

パートナー一覧

このページの先頭へ戻る このページの先頭へ戻る