ライダー

位置情報の確認と救援要請について

大会の継続実施のためになにより大切なことは、ライダーのみなさまが事故なく安全に参加されることです。大会運営側だけでなく、ライダーのみなさま一人ひとりの協力があってこそ実現できます。

昨年大会で好評をいただいたPSソリューションズ株式会社のGPSアプリを安全な大会運営のために継続導入します。ライダーのみなさまの位置情報や救援要請をリアルタイムで確認・対応できます。
大会参加前にアプリをダウンロードいただき、ご登録をお願いします。8月下旬よりダウンロード可能になります。

なお、大会専用アプリのため、大会終了後は使用いただくことができません。走行中にスマートフォンのGPS機能をオフ設定している場合は、位置情報を確認できませんのでご注意ください。

1.緊急時の救援要請で活躍

ライダーのみなさまの走行中に車両故障が起きた場合や、リタイアを希望する場合は、アプリから大会運営本部へ救援要請ができます。コメントの入力や状況を確認しやすい写真を投稿していただくと、より的確な対応をしやすくなります。

  • ※ 大会運営スタッフが救援要請の発生した場所に向かいますので、アプリから救援要請をした後は近くの安全な場所に留まっていてください。
    やむを得ず移動が必要な場合には、コースマップに記載された「大会救急連絡先」にお電話ください。

【重要】注意事項

ケガ・病気による救護要請の際は、症状を正確に把握するために、まずはコースマップに記載された「大会救急連絡先」にお電話ください。
通話による症状確認を行った後、大会運営スタッフの指示に従いアプリで救援要請を行ってください。

  • ※ 意識がないなど、緊急を要する場合は「119番通報」を優先してください。
アプリの救援要請(メニュー)画面
アプリの救援要請(内容入力)画面

2.コースと避難所の確認機能

本アプリには、コースと避難所の確認機能があります。
ユーザー情報の登録時に、ご自身の走るコースを設定することでマップ上にコース詳細やエイドステーション、避難所が表示されます。

アプリのコース確認画面
アプリのコース確認(詳細)画面

3. 仲間たちと位置情報を共有

家族や友人たちと位置情報を共有できるので、はぐれても安心です。グループで楽しく大会に参加できます。

  • ※ グループ作成者(オーナー)による承認後に位置情報を共有できます。
アプリの位置情報共有画面

4.大会本部はイベント全体をリアルタイムに把握

大会本部では、管理画面からライダーのみなさまの位置情報や、救援要請の状況などをリアルタイムに把握し、安全に大会を終えられるように努めています。

[管理画面 PC・コース状況]

PCでの全体コース状況確認画面
PCでの全体コース状況確認画面

5.アプリのご利用について

アプリのダウンロード方法は、こちらをご覧ください。

① 大会前にご自身のスマートフォンへアプリをダウンロードし登録を行う。

② GPS機能をオンにし、走行前にスタートボタンを押す

※注意点※

  • 本アプリケーションは大会専用アプリです。大会終了後は使用いただくことができません。
  • 走行中にスマートフォンのGPS機能を「オフ設定」している場合は、位置情報を確認できません。

PSソリューションズ株式会社(外部サイト)

位置情報をリアルタイムに把握でき、安心・安全・快適な大会運営をサポートするサイクルイベント運営管理サービス(外部サイト)を提供しています。
サービスのよくあるご質問は、こちらから。(外部サイト)

  • ※ 本サービスの提供は、「ツール・ド・東北 2019」のテクニカル・サプライヤーパートナーであるPSソリューションズ株式会社が行います。

テクニカル・サプライヤーパートナーについて。

プラチナパートナー

  • サントリーホールディングス株式会社
  • ソフトバンク株式会社

パートナー一覧

ゴールドパートナー

  • 花王株式会社
  • 株式会社ジェーシービー
  • 三菱商事株式会社
  • LOHACO by ASKUL
  • 株式会社みずほ銀行
  • パナソニック株式会社
  • 株式会社セールスフォース・ドットコム
  • ロート製薬株式会社
  • Zコーポレーション株式会社
  • 株式会社SUBARU
  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社
  • 株式会社Tポイント・ジャパン

パートナー一覧

このページの先頭へ戻る このページの先頭へ戻る