東松島エリア 奥松島サイクリングと新宮戸八景散策 距離:約25km 獲得標高:約150m

ライドと観光の要素を織り交ぜた約25kmのコースです。
宮戸島では、島の各所に伝わる物語「新宮戸八景」を各々のスタイルで散策することができます。

スポット紹介

※2017年8月17日現在

奥松島と新宮戸の魅力

野蒜駅を出発し、坂道を下って旧野蒜駅のある「東松島市震災復興伝承館」を見学して、
いよいよ潮風を感じるサイクリングコースのスタートです。
津波で流された荒野の中を進むと、松島らしい大小様々な奇岩を見つけることができます。
さらに進むと沿岸部では、大規模な防潮堤工事が今なお続いています。

そして、野蒜と宮戸島をつなぐ松ヶ島橋を渡ると、風景はがらっとかわり
島にきたことを五感で感じることができます。
松島四大観のひとつ、大高森や薬師堂、嵯峨見台はどこを切り取っても絶景です。
あなただけの絶景スポットを見つけてみましょう。

また新宮戸八景を遊覧船で巡ったり、「宮城県自然の家」でマウンテンバイクをレンタルし、
気分を変えて回ることもでき、遊歩道やトレッキングルートを繋いで、
新宮戸八景を回ることも可能です。
新宮戸八景巡りは、自分にあったプランで楽しむことができます。

  • 奥松島と新宮戸の魅力 写真1
  • 奥松島と新宮戸の魅力 写真2
  • 奥松島と新宮戸の魅力 写真3
  • 奥松島と新宮戸の魅力 写真4

アイコンほかのモデルコースもみる