【安全な大会に向けて 2018年版(4)】

2018年8月8日

大会の継続実施のためになにより大切なことは、ライダーのみなさまが事故なく安全に参加されることです。大会運営側だけでなく、ライダーのみなさま一人ひとりの協力があってこそ実現できます。

そのため、安全対策として以下を実施します。

1.安否確認システムの導入

安否確認システムの画像 安否確認システム操作中の画像

大会開催中に災害などが発生した場合に、ライダーのみなさまの安否が確認できるよう、Yahoo!安否確認サービスを導入します。

2.安全宣言シールの実施

安全宣言シール、交通法規の画像 安全宣言シール、一列走行の画像 安全宣言シール、安全速度の画像

参加されるライダーの皆様に、安全に対する意識を高めてもらうため、安全宣言をしていただきます。

  • 受付時に数種類ある「安全宣言シール」から、ご自身で選びヘルメットなどに貼付してください。